「愛犬ホームズ」はオンリーワン!

番犬のシステムのオンオフにする防音設備ついたの犬小屋

番犬として屋外に犬を飼っている住宅は少なくなっています。最近では家の中で飼い主と一緒に生活をしているペットとしての犬が多くなっています。それでも、大きな住居を構えている人にとっては、警備システムに加入すると同時に、従来から活躍している番犬としての犬を飼っているお宅もあります。ただ、多くの番犬は、見知らぬ人を見ると直ぐにほえる癖がついているために、昼間であればまだしも、夜間であれば周囲の住宅にも迷惑を掛けることもになります。そのため、最近では昼間は番犬に活躍してもらって、夜間は警備会社のシステムに重きを置くようにしている家も多いです。しかしながら、犬の本性から夜でも人影を見ると吠えるため、最近では夜間に番犬を入れておく犬小屋を防音板で作成して、その中で吠えても周囲に声が漏れないようにしているところがほとんどです。当たり前のことですが、犬はシステムのように簡単に防犯スイッチをオンオフできないためです。

犬小屋に防音設備が必要な神経質な犬のために

犬を飼っていると吠える声によってご近所に迷惑をかけてしまうことがあります。吠える要因はいろいろあるのですが、少しでもご近所に迷惑をかけないように最低限のケアはするべきで、特にマンションなどの集合住宅にお住まいで、室内で犬を飼っている方ならば屋外で飼育するよりも神経質にならなければならないといえます。そこで便利なのが、防音がしっかりできる犬小屋です。騒音や人の足音や話し声、インターフォンや電話の音など、生活をする上でどうしても音は立つもので、中にはその音に過剰に反応して吠えてしまう犬もいるでしょう。そんな時、防音設備が施されている犬小屋が効果を発揮します。ほとんど密封されている箱状のケージが一般的で、その中で吠えたところで音はだいぶ減殺されます。また、既存の防音設備がないケージをすっぽりと覆ってしまうような形状のものもあるので、犬の大きさや飼っている環境を考慮して最適なものを選ぶといいでしょう。

Valuable information

枡を探す

Last update:2019/1/11

▲トップへ