「愛犬ホームズ」はオンリーワン!

室内犬でも犬小屋が必要!?意外と知らないその理由

外で飼っている犬が雨風をしのぐために作られる犬小屋ですが、それだけが目的ではありません。犬が自分のテリトリーをしっかりと持つ事が出来るという意味、そして犬に安心感を与えるという意味もあります。ですから室内で飼っている犬であっても犬小屋は必要なものです。犬はもともと穴ぐらなどで寝泊りしていましたから、狭く周囲や上部を壁で囲まれている空間が落ちつく為、人間が住んでいる住宅は犬にとって少し広すぎる空間です。ですから、室内であっても小屋を設けてあげて落ちつける場所を作ってあげる事が大切なのです。よく犬用のサークルの中にトイレとちょっとしたベットをおいている方も多いです。しかし基本的にサークルには屋根がありません。ですから犬がその場所で安心感を覚えて、その場所を自分のテリトリーと認識している事は少ないです。自分のテリトリーがわからず、家族が住んでいる家全体を自分の領域だと認識してしまえば、来客があった場合にお客様に吠えかかったりするのです。室内に犬小屋を設ける事は犬にとっても人間にとっても大切な事です。

室内犬でも犬小屋を準備

最近は、小さくて買いやすいということで室内犬が人気となっています。飼育するうえでも部屋の中で運動させることができるというのは魅力です。毎日数時間の散歩に付き合う時間のない現代人のパートナーとして役立ってくれるでしょう。そのような場合、室内だから犬小屋は必要ないと思いがちですが、犬にとっては自分の居場所がはっきりしていることが大切なので、安心できるスペースを作ってあげましょう。小さな犬小屋やケージを利用して、お気に入りの毛布などを備えたスペースを作ってあげるとよいです。夜などはこうした場所に入るようにするとゆっくり休めますし、来客があったり一人でいるときに危険を避けるために入れておくスペースとしても使うことができます。インテリアになじむようなデザインの犬小屋を選ぶこともできますから、インテリアのポイントとしても使えます。ゆったりできるように、犬が入りやすい大きさのものを選んであげるのがコツです。

おすすめWEBサイト 5選


MEO対策ならお任せください



最終更新日:2020/2/28

▲トップへ